top of page

みんなのがん教室@図書館


12月9日(土)。塩尻市立図書館で

今年度5回目の「みんなのがん教室@図書館」が開催されました。

いつものように、児童書コーナーの太陽のコートは

たいよう小学校6年の教室となりました。


お話しをしてくれた、船木智香子さんからメッセージが届きました♪


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

たいよう小学校6年🍙組に出席いただいた皆さん、

本棚の向こう側で

お耳をダンボ👂にしてお聞きいただいた皆さんありがとうございました。

今回は、子育て中の闘病のことを話させていただきました。

日々当たり前に過ごしていることは、当たり前ではなくありがたいなーと思いたい、

とあらためて自分自身に言おうと、お受けしたものです。


また、第18回目となるおむサポカフェも

北アルプスが絶景のルームで、開催されました。

不安な気持ちを抱えながらも、勇気を持ってご参加いただいた方に、

大きなサポーターさんが自ら現れてくださる雰囲気に

このカフェのあたたかさを感じたひと時でした。

ご参加いただいた多くの皆様ありがとうございました。

by 船木智香子


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




親ががんになった時 子どもにどう伝えるのか、どう接するのか

「自分が子どもだったら病気のことを聞きたい?聞きたくない?」


みんなで考える時間になりました。

船木さん、参加してくださったみなさん、ありがとうございました。


次回の「みんなのがん教室@図書館」は来年2月3日です。





閲覧数:71回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page